« 京都・洛中 桔梗の咲く庭 ~廬山寺~ | トップページ | 京都・洛中 一本御書所跡 ~平治物語の舞台~ »

2007年7月 4日 (水)

京都・洛中 タイサンボク~京都御苑~

Taisanboku0707052_1

京都御苑で見つけた、白い大きな花。遠くからでもよく目立ち、近づくと甘い香りが漂ってきます。この花はマグノリア(モクレン科)の仲間、タイサンボクですね。

Taisanboku0707051_1

モクレンやハクモクレンと違って常緑ですが、花心を見ると同じ仲間であると判りますね。花の形もよく似ている事から、モクレンと間違えられる事もある様です。

漢字で書くと「泰山木」となり、いかにも中国原産の様ですが、実は北米南部原産の植物です。日本に入ってきた時、とにかく大きいという意味で泰山と名付けたのでしょうか。何だかちょっと紛らわしいネーミングですね。

大きなものは高さ20m位にまで育つそうですが、京都御苑のこの木もかなりのものでした。大木に大輪の花が沢山咲いた景色は、なかなか見応えがありましたよ。

場所は御苑の西北、乾御門のすぐ近くにあります。

(平成19年6月30日撮影)

« 京都・洛中 桔梗の咲く庭 ~廬山寺~ | トップページ | 京都・洛中 一本御書所跡 ~平治物語の舞台~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1953036/52970625

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛中 タイサンボク~京都御苑~:

« 京都・洛中 桔梗の咲く庭 ~廬山寺~ | トップページ | 京都・洛中 一本御書所跡 ~平治物語の舞台~ »

ねこづらどき

最近のトラックバック

無料ブログはココログ