« 近藤勇の首塚考その1 | トップページ | 近藤勇の首塚考その2 »

2007年3月17日 (土)

京都桜事情2007 ~渉成園~

Syouseien0703171

京都洛中、東本願寺の東に位置する渉成園。東本願寺十三代宣如上人が、徳川家光から土地を譲り受け、自らの隠居所として整備したのが始まりとされています。周囲に生垣として枳殻を植えた事から枳殻邸とも呼ばれました。

Syouseien0703172

源融の縁の河原の院の遺構とも伝えられますが、歴史学的に推定される位置と一致しておらず、最近では疑問視されている様ですね。

Syouseien0703173

その渉成園の中央に位置する傍花亭に寄り添う様に植えられた桜が、早くも満開になっていました。一見ソメイヨシノに似ていますが、早咲きの種類の様ですね。

昨年綺麗な花を見せてくれた枝垂れ桜
はつぼみが膨らみ、開花寸前になっていました。後数日で咲き始めると思われ、今年も見事な景色を見せてくれる事でしょうね。

なお、昨年までは寸志で入園出来ましたが、現在は500円以上の協力寄付金の拠出を求められますので、注意が必要です。

« 近藤勇の首塚考その1 | トップページ | 近藤勇の首塚考その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1953036/52970889

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜事情2007 ~渉成園~:

« 近藤勇の首塚考その1 | トップページ | 近藤勇の首塚考その2 »

ねこづらどき

最近のトラックバック

無料ブログはココログ