« 京都・洛東 水辺の風景 ~岡崎・琵琶湖疎水~ | トップページ | 京都・洛東 本因坊の寺 ~寂光寺~ »

2006年11月 4日 (土)

京都・洛東 仁王門通 ~頂妙寺~

Choumyouji0611051_1

平安神宮の大鳥居の南、琵琶湖疎水沿いに走る道を仁王門通と言います。その通り名の語源となったのが、この頂妙寺の仁王門なのですね。この仁王門の右には持国天、左には多聞天が安置されています。実は私、長い間仁王門とは平安神宮の南門の事だろうと思ってました。でも、応天門のはずなのに変だなとは思っていたのですが...。

Choumyouji0611052_1

頂妙寺は日蓮宗の寺で、日蓮宗洛中8カ寺本山の1つに数えられます。開山は日祝上人で、1473年(文明5年)に土佐の守護であった細川勝益の帰依を得て開創されました。当初の寺域は四条富小路のあたりだったのですが、その後変遷を重ねて安土桃山期には高倉中御門の地にありました。しかし、1673年(寛文13年)にさらに移転を命じられ、現在の地に落ち着いています。1788年(天明8年)の大火によって当時の堂宇は失なわれており、現在の建物はその後に再建されたものです。

境内には銀杏の木が多く、黄葉がとても綺麗な事で知られています。10月末に訪れた時はほんのりと色付き始めたばかりでしたが、一週間が過ぎてさらに色付いている事でしょうね。見頃はやはり11月半ば以降になるでしょうか。

場所は三条京阪の近くになりますが、観光ルートからは外れており、わざわざ訪れる人はあまり居ないでしょうね。でも、この付近には寺が多くあり、岡崎界隈への行き帰りに歩いてみると何か他にも発見があるかも知れませんよ。

« 京都・洛東 水辺の風景 ~岡崎・琵琶湖疎水~ | トップページ | 京都・洛東 本因坊の寺 ~寂光寺~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1953036/52971248

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 仁王門通 ~頂妙寺~:

« 京都・洛東 水辺の風景 ~岡崎・琵琶湖疎水~ | トップページ | 京都・洛東 本因坊の寺 ~寂光寺~ »

ねこづらどき

最近のトラックバック

無料ブログはココログ