« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月31日 (月)

義経 4

義経 第4回 「鞍馬の遮那王」

冒頭、当時の京を取り巻く有力な寺の勢力関係。南都北嶺と言われる様に、平城京のあった奈良の興福寺、京都の東北にそびえる比叡山に拠る延暦寺が多くの僧兵を抱え、この時代の2大勢力となっていました。そして、延暦寺の別院ながら、「山門」の延暦寺に対して「寺門」と称して対抗した園城寺(三井寺)がこれに次ぎます。遮那王の居る鞍馬寺にも僧兵は居ましたが、これらの寺と比べると規模は小さかった様です。これらの寺は、保元の乱以後始まった源平の合戦に、様々な形で絡んで行く事になります。


2005 京都・花灯路

nenenomiti11京都の早春を彩る「京都・花灯路」が、今年も3月11日(金)から21日(月)にかけて開催されます。

「京都・花灯路」とは、寒気が去った春の宵に、青蓮院から清水寺までの道のりを、露地行灯がほのかに照らし出す灯りを頼りにそぞろ歩くというイベントです。歩くだけでも楽しいのですが、途中、青蓮院、知恩院、八坂神社、八坂の塔、清水寺など主要な社寺がライトアップされ、京都五花街の芸舞妓が神宮道に繰り出すという行事なども用意されています。うーん、考えただけでもワクワクする。

このイベントが始まったのは確か2年前、我が家も一家揃って出かけました。しかし、残念な事に途中で雨に見舞われ、高台寺あたりから引き返したという思い出があります。また、昨年はどうしても行く事が出来ず、寂しい思いをしました。よって今年はなんとしても行くつもり。

春宵一刻値千金。少し早めの京都の春を楽しみに出かけてみませんか。

「京都・花灯路」の公式ホームページはこちらです。

(2005「京都・花灯路」の報告はこちらです。)

2005年1月30日 (日)

「恋する京都」から1年 八坂の塔 志乃が見た景色

yasakanotou11
昨年2月に放映された「恋する京都」。放映当時の視聴率はいまひとつだったものの、1年経った今でも根強い人気があるらしく、NHKのホームページにある掲示板への書き込みは、依然として続いているようですね。また、当ねこづらどきでも、「恋する京都」をキーワードにしたアクセスが月に30件前後はあります。これだけの反響があるのだから、続編の制作か、せめて再放送でもしてくれれば良いのにと思うのですが、残念ながらそういう動きは無いようですね。なんとかならないものなのかな。

sinonokesikiその代わりという程でもないのですが、当ページを訪れて下さる「恋する京都」のファンの方に、ささやかなプレゼントを贈ります。それがこの志乃がいつも見上げていた八坂の塔と、彼女が大好きだった塔の2階の窓からの景色。これを見て少しでもドラマの雰囲気を思い出して頂けたら幸いです。そして、ご存じかとは思いますがドラマのシナリオが判一彦さんのオフィシャルサイトに掲載されていますので、併せて懐かしい世界に浸って下さい。トップページからSCRIPTをクリックすると、上から2つ目に「恋する京都」のシナリオが掲載されています。

2005年1月29日 (土)

京都 東山 哲学の道@越冬ぶろぐ

tetugakunomiti11

京都東山の哲学の道。南禅寺から銀閣寺へと続く、疎水沿いの小径です。哲学者西田幾太郎や経済学者河上肇などが歩き、思索にふけったところから名付けられたとされますが、異説もあります。

春の桜、夏の蛍、秋の紅葉とどの季節に訪れても良いのですが、思索に向くのは誰も歩く人の居ない冬かもしれません。冬枯れの木々の下、静かな径を、想いに耽けりながら歩いてみるのもまた良いものですよ。

丸ポスト@京都 祇園花見小路

maruposuto11

Dearさん経由で黒猫たちさんの「丸ポスト探してます」にトラックバック。全国に6千程残っているという丸ポストのひとつを、京都の花見小路で見つけました。

祇園の町屋らしい紅柄格子や犬矢来、落ち着いた色合いの土壁とよく調和しています。こういう所には、やっぱり丸ポストの方が似合いますね。

2005年1月28日 (金)

京都 義経の里@鞍馬山 

kurama11

木立なす 鞍馬の山のその奥に 天狗の棲むと人のいう

京都の北に位置する鞍馬山。東の比叡山、西の愛宕山と共に、都を守る霊山の一つです。しかし、朝日の射す比叡、夕日に染まる愛宕に比べて、北の鞍馬はどこか暗い印象がするのを否めません。また、比叡を越えれば近江の野、愛宕の向うには亀岡の盆地が広がりますが、鞍馬の背後はどこまで行っても山また山の丹波です。京都盆地から見る鞍馬山は、なにか底知れぬ闇を控えているかのようにも見えます。その闇が、いつしか鞍馬天狗の伝説に結び付いていったのでしょうか。

京都市内から鞍馬寺までおよそ12km。鞍馬寺に預けられた遮那王は、夜な夜な寺を抜け出しては都へと通ったと言います。ただでさえ険しい山道を、夜の夜中にたった一人で下ってくるのですから、それだけでも都人に恐ろしげな印象を与えた事でしょうね。夜道を行く遮那王の姿は、既に伝説の中の人物だった事でしょう。

雪雲に煙る鞍馬を見ていると、遮那王を育てた妖のものが、今でもそこに居るかの様に思えてきます。

2005年1月27日 (木)

義経 3の3

義経 第3回 「 源氏の御曹司 」その3

安芸の宮島、厳島神社に32巻の写経を納納し、舞楽に見入る清盛以下平家一門の人々。この年の2月に、清盛は、従一位、太政大臣への昇進を果たします。

と、ドラマではあるのですが、史実においては清盛が平家納経を厳島神社に収めたのは1164年(長寛2年)9月の事とされます。そして、太政大臣になったのは1167年(仁安2年)2月で、3年の開きがあります。ドラマ上ではどちらも同じ1167年の出来事としたのは、平家の絶頂期を演出するためにわざと年代をずらせたのでしょうか。

また今気付いたのですが、番組の冒頭では1165年(長寛2年)となっていましたが、西暦が正しいとすれば、これは改元のあった6月5日より前なら(長寛3年)、それ以降なら(永万元年)とするのが正解ですね。柿が実って菊が咲いていましたから(永万元年)かな。どうもこのあたり混乱が見られるようです。ちなみに平家納経は、32巻の経文に清盛の願文を含めて33巻とするのが通常の様です。まあ、どれもこのドラマの流れの中ではあまり重要なポイントではないので、これ以上突っ込まずにスルーしてしまう事にしましょう。

ドラマで、遮那王の出自を教えた義盛は、後の源行家。頼朝、義仲、そして義経の運命に大きく係わる人物です。ただし、鞍馬に現れて義経に会ったという記述はどこにも見あたりません。彼に会いに来たのは、義経記によれば義朝の郎党である鎌田次郎正清の子鎌田三郎正近となっています。

正近は平治の乱の後出家して西国で修行を積み、正門坊という名の僧侶になっていました。別名「四條の聖」。彼は遮那王が鞍馬に居る事を知り、一度会ってみて見込みがある様なら、共に伊豆の頼朝の下へ走って、反平家の旗を揚げようと考え鞍馬寺へとやってきたのでした。彼は首尾良く東光坊に入り込む事に成功し、ある夜遮那王の下に忍び込み、遮那王が源氏の御曹司である事を伝えます。

また、平治物語では、母の言葉を思い出した遮那王が、自分で諸家の系図を探って出自を知る事になっています。

あまりドラマの創作部分にけちを付けたくは無いのですが、これだけの重大事を、白昼堂々、東光坊の一室で大声を上げながら伝えるという設定は如何かなものかと思うのですが、どうでしょうか。もしこれが平家方に漏れれば、遮那王も義盛も、さらにはその場を与えた鞍馬寺さえも只では済まなくなるのですからね。ドラマの設定では、どうやら覚日は遮那王というか源氏に対して同情的で、平家方に通じる恐れは全くないという事の様ですが、他にも大勢の修行僧が居る訳ですからね...。幼い遮那王を水の中に飛び込ませ、成長した遮那王と交代するという演出にするための設定なのでしょうけれども、あまりに不自然というか不用心に過ぎると思いうのですが...。

それはともかく、ここまで好演していた神木君(マルクル)が退場するのは寂しいですね。特に先日「ハウルの動く城」を見たばかりでしたので、鬼一法眼役の三輪さん(荒れ地の魔女)とのからみは興味深いものがありました。また清盛との親子の様な関係も自然な感じで、本当にそうだったのではないかと思ってしまいそうです。このドラマでは清盛以下の平家一門を、敵役として見る事は難しそうですね。なんだか平氏に対する見方が、これまでと変はわってしまうかも知れないという気がしてきました。この先も、なかなか楽しめそうなドラマです。

この項は、以下の資料及びサイトを参照しています。 

別冊歴史読本「源氏と平家」、週間「義経伝説紀行」、「義経デジタル文庫

2005年1月26日 (水)

義経 3の2

義経 第3回 「 源氏の御曹司 」その2

遮那王が修行する場となった鞍馬寺の創建は、奈良時代に遡ります。770年(宝亀元年)、鑑真和上の高弟である鑑禎上人が、夢に現れた鞍を付けた白馬の導きによって鞍馬山に登りました。ところがそこで上人は鬼女に襲われ、危ういところを毘沙門天に救われます。上人はその功徳を尊んで草庵を結び、毘沙門天をお祀りしたのが鞍馬の始まりとされます。

その後、796年(延暦15年)に、かねてから観世音を祀る堂を建てたいと念願していた造東寺長官の藤原伊勢人は、貴布禰明神のお告げを受け、さらに白馬の助けを得て鞍馬山に登ります。そこには、先に鑑禎上人が建てた草庵があり、毘沙門天が祀られていました。観世音を祀りに来たのにといかぶる伊勢人に、「毘沙門天も観世音も、根本は一体のものである」と再び夢のお告げがあります。そのお告げに納得した伊勢人は草庵を王城鎮護の道場として立派な堂舎に造り替え、毘沙門天と千手観音を併せ祀りました。そして鞍を背負った馬が鞍馬山に導いた事にちなみ、鞍馬寺と呼ぶようになったと言います。

この鞍馬寺にまつわる伝説に出て来る白馬が、ドラマのオープニングに現れる白馬のモチーフになっている様ですね。あの白馬は毘沙門天の使いとして義経の前に現れ、波乱の人生に彼を導く運命の象徴という事になるのでしょうか。

続きを読む "義経 3の2" »

2005年1月25日 (火)

今年(2005年)の恵方は西南西@越冬ぶろぐ

ehoumaki11

(この記事は2005年に書いたもので、2006年の恵方は南南東2007年の恵方は北北西です。また、恵方は5年周期で回るので、2010年は西南西に戻ります。)

コンビニで見つけた恵方巻の予約券。日を数えてみると、節分まで後10日なんですね。この間新年が始まったばかりだと思っていたのに、なんだか時間が経つのがやけに早い。

ところでこの恵方巻、昨年も当「ねこづらどき」で取り上げましたが、関西で始まった行事で、今や関東はおろか全国に知られるようになったとか。この予約券に書いてある起源によると、「節分の夜、恵方を向いて巻きずしを無言で丸かぶりすると、恵方に居る福の神が願い事を叶えてくれる。」とあります。全然起源の説明にはなっていないと思いますが、趣旨の説明にはなっていますね。

最初に始めたのはお寿司屋さんだと思っていたのですが、海苔屋さんだという説が有力の様です。元々は船場の風習だったのを一般に広めて、海苔の売り上げを伸そうとしたのだとか。それが今のように全国にまで普及させた原動力はコンビニにあったということらしいですね。30年位かけて口コミでじわじわと関西周辺に広まっていたものが、ここ数年の内にコンビニの販売網に乗って一気に広まった様です。そして、驚いた事に「新高輪プリンスホテル」でも扱っていました。こんな高級ホテルにまで進出していたとはね。1本1500円と値段の方も高級ですが、きっとさぞかし美味しいのでしょうねえ。

恵方巻が全国に進出していくうちに、七種類の具を巻いて七福神に見立てるのが本式だとか、色々なバージョンが登場している様です。大阪の海苔屋さんの宣伝が、なんだかとんでもない方向に膨らんだものですね。その一方で、商業的戦略に乗せられて、妙な風習を押しつけられたくないと考える人も居る様です。その気持ちも判らなくはないですね。縁起物とされると、余計に反発を覚えるものでしょう。

我が家では、何年も前から恒例の行事となっているので、特に抵抗はありません。今年も2月3日には、家族揃って恵方巻を食べている事でしょう。今年の恵方は西南西。間違えないようにしなくちゃね。

ジャぱん58号

japan58先日アップした「焼きたて!! ジャぱん」、今度は欲しかったメロンパンバージョンをゲットしました。「パン生地とメロン皮の間にクリームを挟んだ究極のメロンパン」というのが謳い文句です。題して、「ジャぱん58号」。

ところがこのパン、アニメで出て来た様にメロンクリームではありません。あれっと思ったのですが、パッケージの説明書きに依ると、メロンというのは「メレンゲ」がなまって「メロン」になったという説や、パン生地がマスクメロンに似ているからという説があるという事で、材料にメロンを使っている訳では無いのですね。

なるほど、と納得して食べてみると、これはなかなか美味しいですね。特にメロン皮が良い。軽い歯ごたえがある上に、ほのかな甘みが感じられ、「ジャぱん」というだけの事はあります。ただ、惜しい事にクリームが今ひとつ。並のクリームパンと大差なく、せっかくのパン生地に負けています。これでは、黒柳もリアクションの取りようがないだろうなあ。

でも、並のメロンパンよりは美味しいのは確かです。158円と前回のパンより少し高めですが、1度は食べてみるのも良いかも知れませんよ。


2005年1月24日 (月)

義経 3

義経 第3回 「 源氏の御曹司 」

五足が遮那王に吐き捨てるように言った蓮華王院。

蓮華王院は、三十三間堂の通称の方が広く知られていますね。これは千一体の観音像を祀るための堂を作るという後白河上皇の発願により清盛が造進したもので、後白川院政の政庁である法住寺殿の中心的な建物でした。法住寺殿は、不動堂・千手観音堂・念仏堂・北斗堂・五重塔などの堂塔伽藍を備えた広壮な構えを持ち、その中で蓮華王院は法住寺殿千躰観音堂と呼ばれていました。後に木曽義仲の焼き討ちに会い、蓮華王院を残して他は全て焼け落ちてしまいます。三十三間堂の名は柱間が33ある事から付けられたもので、延長120mにも及ぶという他に例を見ない様な長大な建物です。成人の日に行われる通し矢の舞台としても有名ですね。

2005 バレンタインデー@越冬ぶろぐ

valentine2005

京都の高島屋で見かけたバレンタインデーのディスプレイ。うーん、もうそんな時期なんですね。でもまだ売り場の主役という扱いではなく、隅でひっそりという感じでしたが。

私と言えば、職場の義理チョコは自粛によって消滅し、ゆこから貰うだけとなりました。よって、我が家の感心はもっぱら息子達の動向へと集中しています。今年は誰から、何個貰って来る事やら。

貰ったら貰ったで、お返しを考えるのは親の仕事。息子達はまだまだセンスがなっちゃいません。自分達で買いに行かせると、なぜかとんでもなく地味なものを選んできてしまいます。いろいろ指南はしているのですけどね。

でも、上の子はもう中学生。そろそろ自分の意見を主張し始める頃かな。何かと気の揉めるこの季節です。

2005年1月23日 (日)

京都 村上重 「菜の花漬」

murakami11

食卓に春を告げる菜の花漬。京都木屋町にある漬け物の老舗、村上重で見つけました。村上重は、このねこづらどきで何度か登場していますが、我が家のお気に入りの漬物店です。

何が良いかって、ここには添加物がほとんど入っていない自然の味わいのある漬け物があるのです。最近は「大安」あたりも無添加を売りにしてきたようですが、ここの漬け物は以前から余計な味がせず、すっきりとした美味しさを楽しむ事が出来ます。

ちなみに茶色の地に丸に十の紋が白く抜かれた暖簾は冬用。夏はこれが白地に黒の紋の暖簾に変わります。


nanohanazuke11

下の写真の左半分が菜の花漬で、右半分は千枚漬の千切り。どちらも絶品。

菜の花漬は、主として蕾の部分を浅漬けにしてあるのですが、しゃきしゃきとした歯ごたえと、ほろ苦い味わいがなんとも言えず美味。これを食べると、春が近いなと思わずにはいられません。一袋400円。

千枚漬は昆布と塩だけで漬けたもので、甘酸っぱい他の店のものとはかなり違います。この千切りは形こそ原型を止めませんが味は同じもの。しかも一袋350円とお買い得なので、我が家が買うのはいつもこれです。味が落ちるのが少し早いのが難点と言えば難点ですね。

美味しい漬け物が食卓にあるだけで豊かな気持ちになれる我が家です。

「焼きたて!! ジャぱん」@ローソン 

テレビ東京系で放映中のアニメ「焼きたて!! ジャぱん」。ごはんより美味しい日本人のためのパン作りを目指す少年の物語です。パン作りのプロセスも面白いのですが、パンを試食した後のオーバーアクションが傑作で、我が家のお気に入りになっています。

yakitatejapan
その番組で毎回出てくる美味しそうなパンが実際に売っていると聞いたので、早速買ってきました。それがこの「焼きたて!! ジャぱん」。いくつか種類がある内のひとつで、クッキー風味に焼いたパンにカスタードクリームを挟んだというものです。本当は、このメロンパンバージョンが欲しかったのですが、残念ながら見あたりませんでした。

で、早速試食。確かにパンはサクサクとして歯ごたえは良いです。クリームはまずまずかな。全体としては、コンビニで買えるパンとしてはまあ合格といったところ。しかし、さすがは「焼きたて!! ジャぱん」というだけの感激はありません。

大きな期待を抱いて買うとがっかっりするかも知れませんが、目先の変わったパンを食べたい時には良いかも知れません。1個105円で買えますから、話題作りには最適でしょうね。

ローソンで売ってます。


京都 東山 建仁寺の白梅@越冬ぶろぐ

kenninjiume11

京都、建仁寺。臨済宗の本山らしく、祇園という歓楽街のすぐ隣にありながら、その境内にはいつ訪れてもぴんと張りつめた静寂があります。上の写真は、その建仁寺で見つけた白梅。寒さ厳しい京都の空気の中で、綺麗に咲いていました。

越冬ぶろぐでも雪景色に混じって、あちこちから梅の便りが届いていますね。今年の冬は寒いのか暖かいのかどっちなのでしょう?寒いのは苦手な私ですが、季節は一足飛びにではなく、順序良く過ぎていって欲しいと思うのは、贅沢な望みなのかな。

2005年1月22日 (土)

京都 東山 二年坂「かさぎ屋」

kasagiya15

京都二年坂にある「かさぎ屋」。「甘党の素通り出来ぬ二寧坂」のキャッチフレーズと共に、甘党ファンの間ではよく知られた店です。開業は大正3年、店内は懐かしいようなレトロな雰囲気に溢れています。

kasagiya12

今回頂いたのは、まず「東京御前しるこ」。こしあん仕立てで、丁度良い甘さ。軽快な感じが良いですね。

kasagiya11

次は、「京都ぜんざい」。丹波大納言の粒がそのまま残っていて、こちらはどっしりとした食感。私的には、こっちの方が好みかな。

どちらにも共通して入っているのが、炭火であぶったお餅。待っている間に店内に漂う香ばしい香りがなんとも言えずに良い。とっても柔らかくて美味しいかったです。

kasagiya13

ぜんざいの口直しに良く付くのは塩昆布ですが、ここでは山椒の実が出て来ました。紫蘇の風味が加わっており、そのまま口にするときつい味なのですが、ぜんざいやしるこの合間に食べるとなかなかの美味です。

kasagiya14

そして、「かさぎ屋」と言えば竹久夢二。夢二は暫くの間この店の隣に住んでいた事があり、この店が開店してすぐの頃に通い詰めだったそうです。その縁で置いていったという絵がこの水墨画。本物か複製かは判りませんが、岬に囲まれた入り江に浮かぶ船を描いた洒脱な絵です。この絵を見ながら、大正ロマンに浸れるのもこの店ならではの楽しみ方です。

京都ぜんざいも東京御前しるこも共に650円。東山散策時のおやつに丁度良いですよ。

2005年1月20日 (木)

大寒ですが...@越冬ぶろぐ

tanpopo11

大寒の今日、日本海側では大雪になっているところもあるとか。ここ大阪も、夜になってぐっと冷え込んできました。さすがに真冬だけの事はあります。

ところが、そんな真冬にふさわしからぬものを見つけました。それがこのタンポポ。葉は寒さに当ったせいか赤く色づいていますが、花は見事に咲いています。これはざっと10日近く前の様子。今では下のつぼみも開花して、益々花盛りになって来ています。それに寒いだけに保ちが良いのか、最初の花もなかなか枯れないですね。冬の殺風景な景色の中にあって、暖かい彩りを添えてくれています。


ちょっと早過ぎる気がする、春の使者ですね。

大河ドラマ「義経」原作本@宮尾登美子

yositunegensaku11
amazonへのリンク義経

大河ドラマの原作本、「義経」(NHK出版)。極彩色の見事な装丁に惹かれて買ってしまいました。

原作本とありますが、ドラマのストーリーとはあまり関係なく、史実、物語、伝説、作者の創作を織り交ぜた解説本と言った方がより正確です。本当の原作本は「宮尾本 平家物語」、だと思います。多分。こっちはまだ読んでいないので、何とも言えないのですけどね...。

解説本として見た場合、出典が書かれていないのと、作者による創作がかなり入っているのとで、義経をマニアックに知りたいと言う人には向かないかも知れません。しかし、ドラマを楽しむ為に、ある程度の知識が欲しいという人には、ぴったりの本と言えます。当「ねこづらどき」を書くのにも重宝しそうですね。

宮尾本 平家物語」の方は文庫本にはなっておらず、単行本しかなく一冊2310円。これが4冊あるから、全部揃えると9240円。ちょっときついので図書館に頼ろうと思うのですが、かなりの順番待ちになっています。読めるのは、果たして何時の事になるやら...。

ちなみに、「義経」の装丁の絵は、屋島の合戦「義経弓流し」。馬を海に入れて戦う内に弓を流してしまった義経が、敵の矢をものともせずに弓を鞭でたぐり寄せ、無事に拾い上げると言うエピソードです。義経は、身体が小さくて力が無い故に弱い弓を使っていたのですが、その事を敵に知られるのを防ぐ為に命を張って弓を拾ったのだと言います。「名こそ惜しけれ。」の世界ですね。このドラマでもいつか再現されるかな。

2005年1月19日 (水)

義経 2

第2回 「我が父清盛」

福原を描いた屏風を、宋人達に披露する清盛。

福原とは今の神戸市の事で、大和田泊とは兵庫港のあたりに古代からあったとされる港です。平家は開墾地を背景とする源氏と違って、瀬戸内海を中心とする海運によって得た富を背景に勢力を築きました。清盛の父忠盛の代に海賊退治を命じられて瀬戸内の海運を押さえた事が、その後の平家の繁栄をもたらすきっかけになったと言われます。特に対宋貿易は莫大な富をもたらし、重要な収入源となっていました。ただ、当時は宋との間に正式な国交は無く、清盛は私的に九州を訪れる宋人を相手に貿易を行っていたのです。ドラマで宋人を密かに招いたと言っていたのは、こうした事情が背景にあるのですね。

清盛は政権を握ると、この対宋貿易を大々的に拡大しようとします。当時の宋の船は九州の港に入っていたのですが、そこで出来る交易には限界がありました。清盛はこれを一大消費地であり、かつ物資の生産地、集散地でもある都近くまで招き入れ、交易高を一気に増やそうと目論みます。そのために必要となる港が大和田泊でした。彼はこの港を大型船が入れるように改修すると共に、瀬戸内の航路の改修にも乗り出します。そして、さらには福原に居館を構え、京都から移り住んで対宋貿易の陣頭指揮に当りました。それほど福原と対宋貿易に入れ込んだ清盛は、ついには福原に都を移そうと計画します。そしてわずか半年余りでしたが、福原遷都を実現しました。このあたりについてはドラマの進行と共に出て来るでしょうから、その時に改めて触れる事とします。

客人が帰って誰も居なくなった部屋に、一人入ってくる宗盛。屏風に向かって石を次々と投げつけ、事が済むと満足げなゆがんだ笑みを浮かべて、部屋を出て行きます。

なにやら頼りなげに描かれている宗盛ですが、彼はほとんど全ての物語においても同じ様に描かれています。「源平盛衰記」に至っては、彼は清盛の子ではなく、傘職人の子であったとまで書かれています。後妻に入り、一人目の子としてなんとしても男の子が欲しかった時子が、同じ日に生まれた男の子と自分が生んだ女の子を交換したのが後の宗盛だったと言うのです。その真偽の程はともかく、武勇に優れていたとされる知盛や重衡に比べて、軍事面においてはあまり才能に恵まれていなかった事は確かな様です。その一方で心優しい人柄であったとも伝えられ、今後ドラマでどの様に描かれていくのか注目したいところですね。

2005年1月17日 (月)

色あざやかに サイネリア@越冬ぶろぐ

saineria11

冬のリビングを彩るサイネリア。色鮮やかで、とても華麗な花です。見かけだけでなく、香もまた楽しめるのが嬉しいですね。

写真の株は買ってきたばかりなのでとても元気。これから2月一杯は保つかな。そこで一度切り戻しをしてやれば、また新しい花を咲かせてくれます。本来は多年草で、上手に管理してやれば夏越しも出来るのですが、これまでに成功したのは一度だけ。なかなか難しいですね。

毎年違う色を選ぶというのも楽しみの一つ。今年はやや渋めの赤にしました。暗くなりがちな冬の部屋を、明るく染めてくれています。

ねこづらどきの1年

「ねこづらどき」が、一周年を迎えました。

昨年の1月17日に開設して以来、この記事を書いている時点で、記事数457、コメント数733、訪問者数114487となっています。立ち上げてしばらくの間は日に数件のアクセスしかなかった事を考えると、夢のような数字です。ここまで続けられたのは訪れて頂いた皆様、コメントを頂いた方々のおかげです。本当にありがとうございました。

何より嬉しいのは当初の目標どおり366日完走出来た事。元々NIFTYの会議室に毎日出入りしていたので何とかなると思っていたのですが、実際やってみると案外難しかったです。会議室と違ってテーマに縛られないから楽だろうと思っていたのですが、かえって大変でしたね。

助かったのは、始めて1ケ月後にドラマ「恋する京都」の放映が始まった事でした。この番組のレビューと「京都の散歩道」の紹介を書き始めた事でテーマに困らなくなり、以後、「砂の器」、「世界の中心で、愛を叫ぶ」、「新選組!」と続くドラマレビューと、京都の紹介が当サイトの柱となっています。

「秋味ぶろぐ」や「越冬ぶろぐ」に参加した事も大きかったですね。これにより記事の幅が広がっただけでなく、多くのブログとの繋がりを持つ事が出来ました。この繋がりも当サイトの大切な財産のひとつになっています。

完走する上で一番危なかったのが、昨年9月にパソコンがクラッシュした時。パニックになりつつも、10年落ちになろうかという旧型のパソコンからアクセスし、かろうじて記事をアップする事が出来ました。モデムの発信音を聞いたのは何年ぶりだっただろう...。

本家のホームページの日記部門のつもりで始めたのが、今ではどっちが母屋か判らなくなってしまいました。一年経っても内容のつたなさは相変わらずですけどね。ここからまた次の一年を目指して頑張っていこうと思っていますので、これからもおつきあいの程よろしくお願い致します。

2005年1月16日 (日)

洋蘭 レリア・オーレア

reria11

リビングの出窓で咲いたレリア・オーレア。この写真だと大きく見えますが、実際には手のひらに載るような可愛らしい洋蘭です。昨年の1月末に購入し、1年後にやっと開花してくれました。

レリアはカトレアの近縁種なんだそうですが、確かに良く似ています。この花だけを見ると、区別が付かないかも知れません。

小さいながら、上品な姿、色合いが素敵な花です。

京都 東山 異界としての六波羅 

六波羅とは霊の集まる場所の事。今は一見してありふれた住宅街に過ぎませんが、それでもよく探すと、そこかしこに異界との接点を見つける事が出来ます。

sanzunokawa11

まずは、三途の川。今は見てのとおりただの道路に過ぎませんが、かつてここには三世川という川が流れていました。そして、その川が異界へ行くときに渡るという、三途の川に見立てられていたのです。都という現世と六波羅という異界を隔てる境界だったのですね。ここを渡る時は、やはり六文銭を供えて行ったのでしょうか。
付近に川の痕跡がないかと探したところ、下水のマンホールがありました。もしかしたら三途の川は、今でも暗渠となって地下を流れているのかも知れません...。

rokudounotuji11

義経のエンディングでも出て来た六道の辻。六道とは地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の世界のことを指します。三途の川を渡ってきた人は、いよいよここから本格的に異界へと入っていく訳ですね。
かつては、このあたりから広大な鳥辺の墓地が広がっていました。今は風光明媚な東山ですが、平安の頃には荒涼とした死後の世界でした。野辺送りに来た人は、ここで送り火を焚いて死者を弔ったと言います。その場所が六道の辻として今に伝えられているのですね。

rokudoutinkouji11

さて、六道の辻には死者を裁く閻魔様もおられます。その場所がこの六道珍皇寺。この寺を入った右手にあるお堂には閻魔像が祀られています。写真には撮る事が出来ませんでしたが、なかなかの迫力ですよ。小さな子供だったら、泣き出す事間違いなしです。しつけの為にも、一度連れてきて拝ませると良いかも知れませんよ。
この閻魔像と並んで、小野篁の像も設置されています。篁は平安初期に実在した官僚ですが、生きながらにして閻魔庁の役人も兼ねていたという伝説で知られる人でもあります。

西三條の大臣と呼ばれた藤原良相という人が死んだ後、閻魔大王の前まで来ると、その横に見覚えのある顔が並んで居ます。よく見ると、なんと旧知の小野篁でした。良相に恩のあった篁は、彼を認めると大王に対して、「良相は高潔な人物です。この私に免じ、どうか生き返らせてやっていただきたい。」と頼んでやります。大王はこの篁の助言を聞いて良相を下界へと戻し、良相は天寿を全うする事が出来ました。良相は篁から口止めをされて黙っていたのですが、自然と周囲にこの話が漏れ、いつしか篁は地獄の顕官も兼ねていると知られるようになったという事です。(今昔物語)

tinkoujiido11

その篁が地獄へ通うために通っていたという井戸が上の写真。右下に石の井戸枠があるのが判るでしょうか。篁はここから夜な夜な地獄へと通い、戻ってくる時は嵯峨野にあった福生寺という寺の井戸から出て来たと伝えられます。

kosodateame11

まさに何でも有りという六波羅ですが、幽霊にまつわる伝説もあります。それがこの幽霊子育飴。墓の中で子を産んだ女性が幽霊となって現れ、飴を買ってはその子を育てていたという話を聞いた事がある人も居るのではないでしょうか。その発祥の地がここなのですね。

およそ観光地とは言えない六波羅界隈ですが、調べてみると色々興味深い事が判ります。こういう探訪が出来るのもまた、京都の魅力の一つですね。

2005年1月15日 (土)

京都 東山 六波羅第

rokuhardaiato11

義経に登場する六波羅の平家屋敷。正確には六波羅第と言い、東山にあった平家の屋敷群の総称とされます。最初は1町(約109m)四方から始まったのですが、最盛期には20町四方に及び、その邸宅は5200を数えたと言います。まさに栄華の象徴のような存在だったのですが、平家の都落ちの際に火が掛けられ、全てが灰燼に帰しました。現在、洛東中学校の正門を入ったところに史跡を示す石碑が建っています。

annaiban11

この周辺で石碑以外に六波羅第を偲ばせるものは皆無と言って良く、わずかに地名にその名残を留めています。写真は門脇町の案内看板。門脇とは総門の内という意味で、このあたりに門脇宰相と呼ばれた平教盛の邸宅があったのではないかと推測されています。また、写真の地図の一番下に池殿町と書かれているのが判るでしょうか。縮小したために読みにづらくなって申し訳ないのですが、この池殿というのは平頼盛の邸宅跡と推測されており、頼朝の命を救った池の禅尼もここに住んでいたと思われます。

この他、この付近には、三盛町(清盛・頼盛・教盛の事とも、通盛の事とも言われます)・多門町・北御門町・西御門町・弓矢町など、平家の屋敷があった事を連想させる地名が散在しています。(地図参照

rokuharagenjyou11

上の写真は六波羅第(門脇町から池殿町にかけて)の現状。見てのとおり民家がひしめく下町で、かつて豪邸が建ち並ぶ地域だっとはとうてい思う事は出来ません。

rokuharamituji11

この付近で当時から続く史跡としては、六波羅密寺があります。六波羅蜜寺は、951年(天暦五年)に空也上人によって開創された寺で、真言宗智山派に属します。本来平家とは直接関係は無いのですが、清盛の父忠盛が軍勢をここに置いて以来、この寺を取り囲むように平家の邸宅が築かれました。その関係から清盛像や清盛塚といった平家に縁のあるものを、今も伝えています。

rokujyoukawara11

清盛の邸宅は泉殿と呼ばれたのですが、どこにあったのかは諸説があって正確には判りません。池殿の北一町にあったとも言いますから、六波羅蜜寺の西側から北に向けて広がっていたのでしょうか。この写真は今の五条大橋から松原橋方面を見たところ。当時の五条大路は今の松原通にあたり、今の五条通は六条坊門小路に相当します。平治の乱で源氏と平家が戦ったのは、このあたりから七条大橋にかけての河原でした。六波羅第はこの右手にあたり、泉殿も概ねこの付近のどこかにあったものと思われます。ただし、当時はもっと川幅が広く、今の川端通よりさらに東にまで河原が広がっていました。

かつて、ここには平氏が我が世を謳歌したきらびやかな世界がありました。また、ユリカモメが舞う今の姿からは想像出来ないような、血なまぐさい戦いもあったのですね。ここに立って思うのは、あまりの変容ぶりに義経の時代は遠いんだなという事と、矛盾するようですが、彼らは意外に身近に居たのだなという事です。少なくとも、義経や清盛が存在した同じ空間を歩く事が出来るのですからね。

京都に来られたときは、うんと想像力をたくましくして六波羅を訪れてみて下さい。

2005年1月13日 (木)

義経 1の3

義経 第1回 「運命の子」その3
六波羅の清盛邸。重盛と頼盛が話しています。
「しかし、叔父上、頼朝の命を助けよなど。」
甥の言葉に気弱にため息をつく頼盛。
「何故、池の禅尼様はそのような事をおおせになったのですか。」
「いや、それが、先日母上にお会いした折り、源氏の家督の者を見たという話になり、けなげにも塔婆を作っているとか、年格好の事など。そうしたら、母上がそのような頼朝をあわれとおぼし召されてな。いや、それがし、母上のそのような思いが、判らぬではないのだ。先年、それがしの兄を亡くされて、気落ちしておられた故な。で、つい、頼朝の面差しが、亡き兄上に似ていたなどと。」
「家盛様にですか。」
と頼盛の言葉にあきれかえったような重盛。

続きを読む "義経 1の3" »

2005年1月12日 (水)

義経 1の2

義経 第1回 「運命の子」その2
都を落ちた義朝は、残党を率いて大原口から近江へと抜けました。途中、叡山の僧兵に襲われるなど苦難に遭いながら琵堅田から瀬田を経て美濃へと向かいます。途中で付き従ってきた板東の武将達とは別れ、近江路を進んだのは長男義平、次男朝長、三男頼朝ら一族郎党全部で八騎。このうち頼朝は疲労が激しく二度に渡り一行から遅れ、一度は追いついたものの二度目は雪の中道を失い、北近江に迷い込みます。そこでとある老尼に助けられ民家に匿われて一命をとりとめています。

続きを読む "義経 1の2" »

2005年1月11日 (火)

義経 1

義経 第1回 「運命の子」
まず最初にお断りしておかなければならないのが、義経の場合は新選組と違って、史実と言える部分が極端に少ないという事です。現在知られている義経の物語のほとんどは説話や伝説として伝えられたもので、史実の部分だけを拾っていこうとすると(それだけの実力も知識も持ち合わせてはいませんが)その大半をそぎ落としてしまわなければなりません。ここではドラマを楽しんで見ていく事を主題として史実には特にこだわらず、「義経記」、「平治物語」、「保元物語」、「平家物語」、「吾妻鏡」などで描かれた義経像とドラマを対比させ、その演出の狙いや背景を探っていくというスタンスで進めたいと思います。また、京都における史跡等についても紹介していけたらと思っています。

なお、私自身がまだまだ勉強の途中ですので、おかしな記述も多々出てくると思われます。お気づきの点やご意見についてコメント頂けましたら幸いです。

続きを読む "義経 1" »

2005年1月 8日 (土)

京都 銀閣寺 「おめん」

omen11

京都の銀閣寺の近くにある料理店「おめん」。この店の屋号ともなっているおめんは、うどんにたっぷりの野菜を添え、ごまを入れた出しに漬けて食べるという独特の料理です。

すっかり京都になじんだ観のあるおめんですが、元々は群馬の郷土料理なのですね。創業者が戦時中の疎開で群馬へ行き、そこで教わったものを元に改良を加えて出来たものなのだそうです。ですから創業は昭和42年と、京都では比較的新しい部類に入る店です。

この創業間もない頃、親に連れられて食べに行った事があります。正直言って、当時はそんなに美味しいとは思いませんでした。せっかくの出しが野菜で薄まって、うどんを食べるには水くさいと感じたのです。その10数年後、今度は知人に案内を頼まれて2度目に店に入りました。その時は最初の印象がありますからほとんど期待していなかったのですが、今度は思いのほか美味しくなっているのに驚きました。子供だった私には美味しさが理解出来なかったのか、10数年の間に改良が重ねられて美味しくなったのかは判りませんが、以来おめんのファンとなり、何度となく訪れています。

おめんはうどんや出しも良いのですが、なんと言っても野菜そのものが美味しいですね。季節によって旬のものが選ばれており、今回は、ごぼう、菜の花、大根、針しょうが、白菜、ねぎが盛り付けられていました。特に美味しかったのはごぼうと大根で、食べるとほのかに甘いんです。普通ごぼうには独特のクセがあるのですが、ここで食べる分にはそれが全くない。ごぼうそのものが良いのか下処理が巧みなのかは判りませんが、ごぼうは美味しい野菜なんだと実感出来るから不思議です。大根はまさしく旬の味ですね。

おめんは一人前1050円。うどん一人前の値段と考えるとちょっと高い気もしますが、これだけ野菜を美味しく食べさせてくれるのなら納得の行く価格です。銀閣寺のほか四条大橋の近くにも支店があるので、京都に来たときに一度お試めしください。きっと損はしないと思います。

2005年1月 7日 (金)

七草粥~フリーズドライ~@越冬ぶろぐ

1月7日と言えば七草粥。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草。

このところとみに野草に興味のある私、これをみんな摘んできて食べようかと思ったのですが、止めました。

まず、このあたりで「せり」を見た事がない。それに、「せり」に似た「毒芹」と間違える危険性もある。そして、「すずな」、「すずしろ」は畑に行けばあるかもしれないけど、黙って取って来たら泥棒になってしまう。あとの四つはなんとかなるのですが、またしてもゆこに「このあたりのは汚いから駄目。」と拒否されてしまいました。よって、今年も無難に買って済ます事にします。

nanakusa11

しかし、そこはゆこ、ただ買うんじゃ詰まらないと面白いものを見つけてきました。それがこのフリーズドライの七草セット。北海道で栽培されたもので、安心の証拠にとちゃんと袋に生産者の名前と顔写真が付いている。確かに真面目そうな方で、なるほど、この人の作った野草なら美味しいかも知れないと思えてくるから不思議。

nanakusa12

袋の中身はこれ。こうなってしまうとどれがどの草なのか区別が付きませんが、青々としており、なんだか新鮮な感じがします。

nanakusa15

そして、炊きあがった七草粥。出来てしまえば生の野草から作ったのとなんら変わりません。味の方もまずまずといったところ。保存が効いて輸送に便利という事を考えると、こういうのもありかも知れませんね。

2005年1月 6日 (木)

京都 五条坂界隈 ~寅さんの舞台~

京都の五条坂と言えば清水寺への参道の一つとして知られますが、東大路通から西は国道1号にもなっている大きな道です。あんまり幅が広すぎて殺風景な道なのですが、一歩脇道へ逸れると京都らしい町並みが広がる界隈でもあります。

gojyousaka11

たとえばこの道。この風景に見覚えのある人もいるのではないでしょうか。ここは「男はつらいよ」の第29作「寅次郎あじさいの恋」の舞台になったところです。この四つ角で寅さんが指につばを付けて風を感じ、その風が吹いてきた方に飛ばされるように歩いていくという得意のシーンが演じられました。

gojyousaka12

そして、その後寅さんが登っていった道がこの坂。ここは五条坂というより渋谷通というのが正しい名の道で、馬町から小松谷を経て、清閑寺方面へと通じています。

kawaikinenkan11

その第29話で寅さんが知り合いになった陶芸の大家「加納」の家だったのが「河合寛次郎記念館」。河合寛次郎は大正から昭和にかけて活躍した陶芸家で、この記念館は昭和12年に建てられた自宅を公開しているものです。ここで寅さんはかがり(いしだあゆみ)と出会い、そのあと丹後の伊根町まで追いかけて行きました。

合理的な愚か者の好奇心では寅さんの恋はわずかに2勝とされていますが、そこに含まれていないこの作品でもかがりの方から寅さんに近づいています。ただ、寅さんが相手を思うあまりに消極的に身を引いてしまうのですよね。そういう事もあってか「寅次郎あじさいの恋」は全体として地味な印象で、シリーズの中でもあまり評価は高く無いようですね。でも、私は京都の風景がふんだんに出て来る事もあって好きな作品の一つです。

ねこづらどき お色直し(ほんの少しだけね)

新年を迎えて、当ねこづらどきもお色直しをしてみました。

どこが変わったって?

良く見なけりゃ判らないでしょうけど、カウンターを変えてみたのです。

このところ「ねこづらどき」の表示が異常に遅く、ココログ自体が遅いせいかと思っていたのですが違っていたようです。従来使っていたフリーのカウンターが原因でした。無料だけあって使う人が多く、サーバーが保たなかったのかな。今度のもフリーですが、今のところは順調なようです。

ここひと月ほど「ねこづらどき」を訪れて下さっていた方には、ご迷惑をお掛けしていました。もう少し早く原因を突き止めれば良かったですね。これでしばらくは大丈夫と思いますので、引き続き「ねこづらどき」をよろしくお願い致します。


2005年1月 5日 (水)

京都 不断桜@霊山歴史館

fudansakura11

沖縄ではもう寒緋ザクラが咲いているとか。こっちはまだまだ先だな~と思っていたのですが、一本咲いている木を思い出しました。その名も不断桜。

霊山歴史館の玄関脇にあって、その名のとおり四季を通じて咲いているのだとか。春を先取りしたような寒緋ザクラとは趣が違いますが、冬でも花が見られるという点では同じです。

この不断桜は結構貴重な木のようで、鈴鹿市にある木は国の天然記念物に指定されています。また、湖東三山のひとつ西明寺にある木は、滋賀県指定の天然記念物になっています。そんな希少な桜が霊山にあって、維新の志士たちの霊を慰めているのですね。

ただ、正直言ってそれほど華やかな花ではないので、ほとんどの人は何気なく見過ごしているようです。今度行かれる事があったら、天然記念物級の木として見直してあげて下さい。玄関に向かって左側に植わっています。

なお、霊山歴史館は、2月19日まで改装のため閉館になってますので、ご注意下さい。

2005年1月 3日 (月)

買い物初め@越冬ぶろぐ

fukubukuro11

昔と違って、今は正月から開いている店が多いですね。おかげで買いだめをする必要もなく、便利になったものです。だけどそれだけ正月返上で働いている人が居る訳で、本当にお疲れ様と言ってあげたいです。

さて、我が家の正月2日目は、近所のスーパーへのお買い物。目当ては1万円の福袋です。中身は1万円分の商品券と2500円分のお菓子が入っているというもので、まあ絶対に損はしないという内容です。我が家がスーパーに着いたのは売り出しからほんの数分経った11時過ぎ。入り口では店員さんが福袋売り出しのチラシを貼っているところでした。絶好のタイミングで来たと思って中へ入ると、売り場は既に上の写真の状態。あっという間に売り切れていたのでした。

あまり混雑した事が無い、いつものスーパーの福袋だからと油断してました。まさか、こんなに人気があるとは。中には二人で来て二つ抱えて帰る人も居て、あっけに取られる思いで見てました。

気を取り直して、買い物を開始。正月だからちょっと贅沢をしようと、すきやき用の肉だの、お酒だの、お酒のつまみだのと、気軽にひょいひょいと籠に放り込みます。そしてレジで精算すると7500円!ゆこの目が点になってました。いつもの倍以上だもんね。

正月にはみんな気が大きくなって遣いすぎるというのは本当でした。こうして財布の紐は締められ、2月になると誰も外に出なくなって景気が悪くなっていくのですよね。世間の縮図を見た思いがする我が家の買い物初めでした。

2005年1月 1日 (土)

謹賀新年@越冬ぶろぐ

aosagi11

明けましておめでとうございます。新年のスタートは、酉年にふさわしく京都の鴨川で撮ったアオサギの写真から。本当は酉年のトリは鶏なんですけど、すごく格好良かったもので年頭を飾ってもらいました。

この鳥は人に慣れやすいのか、かなり近づいても逃げないですね。家の近くにも居て、たまに羽根をひろげた大きな姿でマンションの窓をよぎって、どきっとさせられたりします。アジアからアフリカにかけて分布していて、この鳥を崇拝している地域もあるそうで、結構縁起の良い鳥とも言えそうですね。

2005年が皆様にとって良い年でありますように。
本年もよろしくお願いいたします。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

ねこづらどき

最近のトラックバック

無料ブログはココログ