« 3万ヒット御礼 | トップページ | F1 アメリカGP 1日目 »

2004年6月18日 (金)

電池が切れるまで 9

電池が切れるまで第9話「もっと生きたかった…今夜、涙の最終章」

最後に来て、視聴率が上がっています。9.6%とこれまでで最高でした。
そして、ドラマもクライマックスを迎えようとしています。

薫が血を吐き、鍵付きのクリーンルームに入れられてしまいます。しかし、
その甲斐なく薫は感染症を起こし、重体に陥ります。そんな薫を励ますの
が治人。薫は「重い病気だって分ったら、引いちゃうに決まってるじゃない」
と心配していましたが、治人は計算高さとは無縁の少年でした。

末永は苦悩の末、危険を承知で母親からの骨髄移植を選択します。苦渋
の決断と言うべきでしょうね。つくづく、こんな立場には立ちたくないと思い
ます。

今回も真耶ちゃんの演技は素晴らしいものがありました。過剰な演出なの
に彼女が演じると良いなと思えてしまう。美山加恋ちゃん、本当に大した子
役です。このドラマは、かなりの部分を彼女に助けて貰っているのじゃない
かな。

最終回、薫がどうなるか気になるところです。どんなエンディングを用意して
くれているのか、楽しみに待ちたいと思います。

« 3万ヒット御礼 | トップページ | F1 アメリカGP 1日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1953036/52974704

この記事へのトラックバック一覧です: 電池が切れるまで 9:

« 3万ヒット御礼 | トップページ | F1 アメリカGP 1日目 »

ねこづらどき

最近のトラックバック

無料ブログはココログ