« F1 カナダGP 1日目 | トップページ | F1 カナダGP 決勝結果 »

2004年6月13日 (日)

F1 カナダGP 予選結果

F1 カナダGP 予選結果は、次のとおりです。

フリー走行 2日目 1回目

フリー走行 2日目 2回目

公式予選1回目

公式予選2回目

思わぬ展開になりましたね。
まず、期待の佐藤琢磨は、なんと17位からのスタートとなりました。2回目の
予選走行時に、最終シケインの立上がりでスピンを喫した様ですね。フロント
ロウに並ぶ力があっただけに、残念な結果に終わっています。

そして、ポールポジションを取ったのが、ウイリアムズのラルフ・シューマッハ。
フリー走行までは全く駄目だったのに、予選に入ったとたんに速さを発揮してき
ました。これには本人も驚いているようですが、ジャストフィットしたセットアップ
が見つかったのでしょうか。ここが速くなるとレースは面白くなります。この好調
さが決勝でも続くと良いのですが。

2位にはB.A.Rのバトン。B.A.Rは、もはやフロントランナーの地位を確立
しましたね。それだけに、佐藤のミスが悔やまれるのですが...。

3位がルノーのトゥルーリ。ここも、今シーズンの3強の一角として、確実に上位
に入ってきます。アロンソとトゥルーリの競り合いも好影響を与えているのかもし
れないですね。

4位のモントーヤ、5位のアロンソの次にフェラーリの2台が続いています。ここ
は、フリー走行で速かったり、そうでもなかったりと今ひとつ調子が掴めなかった
のですが、結局6位と7位に沈んでしまいました。トップから1秒以上離されると
は意外の一言ですが、タイヤの選択を誤ったのでしょうか。それとも、本番のレ
ース向けて、あえて固めのタイヤを選択したのかな。決勝でどういう走りを見せ
てくれるか、注目です。

8位、9位にはマクラーレンの2台が並んでいます。今の力関係からすれば、順
当なポジションと言えるでしょうか。レースを完走出来れば上位に入れる位置な
のですけどね。メルセデスエンジンは最後まで保ってくれるかな。

10位のクリエンは大健闘ですね。僚友のウェバーに0.6秒以上の差を付け、
トップテン入りを果たしたのですから、見事の一言です。車さえ最後まで保てば、
初ポイントも見えてくるのですけどね。

ザウバー、トヨタ、ジャガーの争いは、なかなか面白いですね。どこが本当に速
いのか、予選の結果からだけでは何とも言えません。フィジケラは、燃料を沢山
積んでいる様な発言をしていますし、ウェバーは何かミスをした様です。ここから
どこが抜け出してくるのか、決勝が楽しみです。

昨日も少し触れたタイヤについては、どうなのでしょうね。フェラーリが下位に沈
んだ事からするとミシュラン勢が有利な様に思えますが、ザウバーの健闘ぶり
を見るとそうでも無いように思えます。また、最初は良いけれども周回を重ねる
毎に性能が極端に落ちて来るというミシュランの特性は改善されているのでしょ
うか。決勝レースでは、このあたりにも注目してみたいと思います。

さて、様々な波乱の要素を含んだ今回のレース、どんな結末が待っているでしょ
うね。佐藤琢磨は下位に沈んだとはいえ、このあたりのグリッドでは実力が飛び
抜けています。また、ここはオーバーテイクが可能なサーキットでもあり、オープ
ニングラップで混乱に巻き込まれたりしない限り、きっと何台ものごぼう抜きを見
せてくれる事でしょう。見ている分には、その方が面白いかも知れませんね。

« F1 カナダGP 1日目 | トップページ | F1 カナダGP 決勝結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1953036/52974719

この記事へのトラックバック一覧です: F1 カナダGP 予選結果:

« F1 カナダGP 1日目 | トップページ | F1 カナダGP 決勝結果 »

ねこづらどき

最近のトラックバック

無料ブログはココログ